そこらへんの大学生ブログ

真面目&どうでもいい

英語学習のモチベーションを上げる方法6選

こんにちは。英語の勉強やりたいけどモチベーションがわかない人、いますよね、たまーーーにぼくもモチベーションが下がってやらなくなってしまう日がありますが、一日空くと結構忘れてしまうので、それは避けていきたい。ということで英語のモチベーションを上げる方法6つくらい紹介したいと思います。

Atsueigoを見る

www.youtube.com

みなさんAtsuさんのことご存じでしょうか。YouTubeで英語学習方法などの動画を出されている純日本人の方です。ぼくは英語学習するにあたりいろいろネットで調べたりしましたが、最終的な結論としてはAtsuさんの英語学習法をベースにいろいろ試していく、に落ち着きました。理由は簡単でAtsuさんの結果and実績が半端ないから。現在オーストラリアで会計士として働きつつ、YouTubeに動画を投稿されています。YouTubeにはたくさん英語の勉強方法の動画を出されている方がいますが、Atsuさんの学習法は正直超ストイックです。ただ、そこまでやってこその実績だと思うので、頑張らないわけにはいかないでしょう。

 

 

将来の自分を想像する

英語はすぐに一瞬で話せるようになったりしません。正直まともに会話できるようになるためには何か月、何年かは誰でもかかると思います。ただ、それはノンネイティブの英語学習者みんなが辿る道なので気にしないでください。そして、その将来の、英語の勉強を頑張った自分を想像してみてください。今より数倍カッコいいはずです。

 

 

海外旅行の計画を立ててみる(興味のある英語圏

旅行は好きでしょうか。好きでないにしても、予定を立てるのって楽しくないですか。行く必要はないので、英語圏の国への旅行計画を立ててみたら、英語をやりたくなると思います。英語が話せたら、現地の人々とより深く関わることができ、旅行が何倍も楽しくなるでしょう。海外の行きたいところを検索するだけでも、ちょっとは意識変わるのでやってみてください。ちなみにぼくはオーストラリアとイスラエルに行きたいです。

 

youtu.be

 

 

英語ができることのメリットを再確認する

確かぼく自身こんな記事を前に書いたような気がします。やはりメリットを再確認するのは超大切だと思います。気持ち切り替えて、モチベーション上げていきましょう。

 

 

英語を使って会話してみる

いざ英語を使って会話でもしてみれば、久しぶりなら詰まる箇所が多くあるはずです。そこに気づいたとき、もっとやんなきゃいけないなぁと思うのではないでしょうか。ぼくは去年の七月頃からDMM英会話をやっていますが、とても楽しいのでおすすめです。いつか記事書きます。

 

 

単語帳をぱらぱらめくってみる

英語学習者の多くの人が単語帳を持ってると思います。ぼくも単語帳はまるでバイブルのようにいつもぱらぱらと見ていますが、英語の勉強の助走をつけてくれます。単語帳を見るだけでは、単語力は上がっても英語力は大して上がりません。ただ、モチベーションを上げる材料としては最適なので、ぱらぱら見て勉強始めましょう。

 

終わりに

 何を勉強するにしても、モチベーションは超大切だと思います。
他にもたくさんモチベーションを上げる方法はあると思います。英語に限らないことになってしまいますが、ぼくが一番モチベーションになるのは「他人を見返す」「同世代、それ以下に負けないようにする」ということ(?)です。モチベーションさえあればなんだってできるはず。

 

図解 モチベーション大百科

図解 モチベーション大百科

 

 

今年から更新頻度激上げしていきたいと思うので、PV数増えてくださいお願いします。

こんにちは。2017が終わり、2018年に突入してしまいました。
振り返りも兼ねて、2017にあったことを羅列したいと思います。

 

  1. ブログ開設
  2. 独り暮らしスタート
  3. 大学入学
  4. 英語勉強
  5. TEDxHamamatsu参加(ボランティア)
  6. UVERworld2列目でライブを楽しむ

 

特になんにもやってないので今年はいろいろ頑張りたいです。
今年やりたいと思ってることも羅列しときます。

  1. 英語勉強
  2. 仮想通貨に手出す
  3. プログラミング勉強+開発
  4. 海外旅行
  5. ブログ更新の頻度激上げ

 

根拠のない自信が湧き出ているぜ。

 

最近はまっている曲を紹介して、久しぶりの記事更新を超雑に終わらせてやります。

ただ、この曲本当にマジでクソ最高だから。

 

youtu.be

 

 

今年のテーマソングはこれにしよ。

 


You can do anything you set your mind to, man
心に決めりゃなんだってできるんだよ、

いつから俺はゲームをやらなくなったのだろう

こんにちは。最近ふと気づいたのですが、大学生になってゲームを全然やってません。
ちなみに言っておくと、ぼくは3月にNintendo switchゼルダを購入していますが、もちろんシナリオクリアしていませんし、既にほこりかぶってしまっています。
なんでゲームをやらなくなったのか、ちょっと考え、生活を振り返ってみたいと思います。

最近送ってる生活はだいたいこんな感じ

現在大学1年ですが、意外と学生生活って忙しいもの。忙しいってあまり言いたくないし、この言葉自体あまり好きじゃないのだけれど、少なくとも「人生の夏休み」ではないと思います。ぼくは一週間に授業を15時間も取っているので結構大変です。バイトは週二日という超控えめな働き方ですがまぁまぁぼくにとってはキツイ。この1年は英語に捧げると決めているので、ブログを書く時間もなかなか捻出できないのですが、考えを見直さなきゃというのはわかっています。と、ここまで書いたとおり「ゲーム」が入る隙間がぼくの生活の中には無いのが現状です。

 

 

ゲームは時間を取ってやるもの

高校生になった頃から、ゲームは時間を取ってやるものだと思うようになりました。小学校の頃は友達と一緒にゲームを買って馬鹿みたいにゲームをやっていました。ポケモンやってスマブラやってモンハンやってイナイレやって、、、、めちゃくちゃゲームやってました。一日に5時間以上やってお母さんにひたすら怒られたのを鮮明に覚えています。そんな生活から約10年程経ち、ゲームをやる上での考え方が大きく変わってしまいました。友達よりいかに早くシナリオを進められるかを考えていた小学校時代のぼくは、周りの人よりいかに知識をつけ行動し、自分の夢に突き進められるかを考えるようになり、自分でもめちゃくちゃに引いています。

 

 

暇な時間はない

最近「今暇だなぁ」という時間がなくなりました。ていうか、この時代に暇なときってあります?ただ、暇なときに暇を潰してしまっている人が多いと思います。もちろんそういうゆっくりした自分のための時間を持つことは大事ですが、SNSとかテレビとか見まくって時間を無駄に潰すのはやめたほうがいいと思います。

 

 

ゲームはしたほうがいいと思う

ゲームって悪いように書かれてる記事が多かったですが、最近は意外と「ゲームにはこんな効果がある!!」みたいな記事多いですよね。テレビとかは見っぱなしだけど、ゲームだったら指を動かすから脳に良いみたいなことを最近どこかで聞いたような気がします。プロゲーマーという職業もできたこの時代なので、「ゲームが上手い」というスキルに価値が生まれ、需要がでてくるのではないかと思います。

 

 

ポケモン英語版をやり始めようか迷っている

ゲームをやらなくなったぼくですが、Nintendo switchを買う前にポケモン(サン)を買っていました。で、最近気づいたのですがこれ、英語版でプレイ出来るらしいです。
試しにやってみたのですが、結構勉強になるwww アローラ地方は南国という設定なのでHowzitというHow's it going のハワイ訛りを使っている人がいました。他にもポケモンの技自体で勉強になったり。。。 これ、時間を取ってゲームをやる価値あるね。

 

 

終わりに

ゲームをやりたいのはやりたいんだけど、自分の役に立つ知識なんかをそこで身につけたいというおこがましい思考をどうにかしたいです。ポケモン3ds版持ってる人は英語版是非やってみてください。データ消さないといけないのがめちゃくちゃ痛いですけど。