語るシス

真面目&どうでもいい

人見知りする人に向ける人見知りしない方法

 

こんにちは、いきなりですがぼくは人見知りしません。

なので「あたし人見知りだから///」と言うオジさんを見ると当然ムカつきます。

 

今日はそんなオジさんや人見知りをするあなたのために人見知りしない方法を書きたいと思います。そもそも人見知りという言葉をしらない人のために「人見知り 意味」の検索結果を載せておきます。

 

ひとみしり 【人見知り】

大人の場合は「内気」・「照れ屋」・「はにかみ屋」・「恥ずかしがり屋」の言葉をあてるのが標準的であるが、現在は「人見知り」という言葉を大人についてもよく使う。また、最近ではコミュニケーション、人付き合いが苦手なこと、知り合いや顔見知りの前で自由な感情を表現できない事、を表す用語として使うこともある。(wikipediaより引用)

 

「コミュ障」という言葉に近い感じがしますね。

たぶん人見知りする人はコミュ障です。めんどくさいのでそうしておきます。

 

まず人見知りをしない方法の前に、人見知りというスキルの発動条件を理解しておきましょう。

 

 スキル 【人見知り】

(発動条件) 「初対面の人と話す」です。

 

 

人見知りをする一連の流れは、「初めて会う→挨拶→話すそうとするけど上手く話せない」。しかし、挨拶【チュートリアル】を交わしたら、そこから会話【オープンワールド】のスタートです。

会話がスタートしたのはいいものの「上手く会話ができない」という状況に陥る、それが人見知りというやつですよね。いや、人見知り同士だと会話すら始まらないという状況にもなる可能性大。こんな状況を打破するための方法を書いていきます。

 

まず心に置いておくべきは「適当でいい」というスタンスです。

 

初対面の相手は確かに気を使います。いつも一緒にいる友達とは全く話が違いますね。相手がどんな人かを模索しながら話を進めていくことになりますので、相当気がすり減る。ただ、ぼくも実際初めての人と多く話した日は結構疲れますが、この疲れは「会話に疲れた」のではなく、「新しく入ってきた情報量の多さ」に疲れているのだと思います。すなわち会話に労力を割かなくていいんです。会話は適当にやっていればいいんです。

 

 

ぼくは会話術系の本をそれなりに読んできましたが、書いていることはたいてい

「聞き上手になれ」。

 

もうこればっか書いてる。どの本でもこれゴリ押し。

 

うんざりしたぼくの解釈は

「質問する→へぇ~そうなんだ→じゃぁあれって~?(質問する)→なるほどね」という立ち回りをすること。

 

これをぼくは初対面の人と会うときに使っています。

会話の主導権を相手に握らせているようで、こっちが操作するという戦略です(中二前回だ)。大学に入ってから、初対面の人と話すシーンが何度もありました。大抵は「出身どこ?」スタートで「サークル決めた?」でKOです。もうこの戦法使ってれば、たいてい上手くやっていけます。大学以外のシーンでは何を聞けばいい?という意見には「なんでもいい」と答えます。高校とかなら、好きなアーティストは?とか聞いとけばいいでしょう。その質問ではたいていの人が、「乃木坂」か「AAA」か「ワンオク」と答えるでしょう。そしたらもう適当に話しとけばOK。会話は勝手に進んでいくはずですから。

 

仮にもし会話が進まなくなったら、天気とか気温の話でもしときましょう。

 

ただ、相手が気難しそうな人のときとかはぜんぜん喋らなくていいですよ。

あなたと純粋に話したいと思っていそうな初対面の人とだけ喋ってあげてください。

会話の中で、共通点が見つかれば、友達が一人増えます。

 

 

PS:「人見知り治したいーーーー!!!!!」と言うのはたいてい人見知らない女。