そんな生活じゃない

keep it simple, stupid

YouTubeのcoverで歌うアーティスト気取りな日

YouTubeのcoverしている動画見るのが結構好きなのですが、最近は頻繁に聞いています。

 

 

 

あれですよ「○○弾いてみた」的なやつです。

 

 

 

 

YouTubeに動画上げてる人って大抵上手いですよね。素人からみたらどんくらい上手いとか技術力の高さとかわかんないですけど、好きなやつとそうじゃないcoverってあると思うんですよね。

 

 

 

 

聞く音楽のメインが最近、洋楽に移り変わってきているぼくの中では、「洋楽のcoverでカラオケする」っていうのが大流行中。

 

 

 

これマジで最高。

 

 

 

 

原曲にちょっとしたアレンジしてるcoverでかつ超うまいやつ、これに自分の歌を好きなように乗せたらもう自己満足の贅沢な空間の完成です。

 

 

 

 

 

とりあえずこの最高な空間のつくり方を共有したいので方法書きます。

 

 

 

簡単すぎて怒られそうなんですけど、

  1. 好きな曲決める(できれば有名なやつがいいかな
  2. YouTubeで「曲の名前 楽器名 cover」 とかで検索する
  3. 適当に探して、再生、歌う はい完成。
  4. (歌詞も必要であればググってください。)

 

 

丁寧にデモンストレーションしておきます

  1. Charlie Puthの「How long」ギターに乗せて歌いて~ →「how long guitar cover」検索
  2. 曲見つける

    f:id:Ache:20180211104859j:plain

   たくさん出てきます。

 

 

 3.出てきた中から1つ決める

 

     youtu.be

 

    彼があげている動画にします。

    マジで上手い&心地よいcover。

     

    これに適当に合わせて歌います。  言うまでもなく、最高

 

 

 

洋楽だったら歌詞完全に覚えるのは難しいと思うので、ググって見つけてください。
カラオケだったらlyricsにカタカナ振ってありますが、ネットならその心配もありません。

 

歌ってる気分は完全にアーティストです。ただ「この曲作ったの俺じゃね?」という全くのアホみたいな感覚にも陥るので少し注意。

 

 

 


カラオケ行っても洋楽の局数マジで少ないですから、救いの一手になるはずです。

 

 

 

 

 

という、自部屋での新しい楽しみ方でした。Charlie puthはおすすめ。

 

 

 

PS:アコギ以外にもピアノとか、よい。